浦田聖子

浦田&西堀組、阪神にエール

ビーチバレー・JBV、ツアー第4戦グランドスラム高浜大会、最終日(20日、福井・若狭和田海浜浴場)女子決勝で田中姿子(35)=エコ計画、溝江明香(20)=産業能率大、組が2−1で楠原千秋(34)、三木庸子(33)=ともにフリー=組を下し、今季2度目の優勝を飾った。

浦田聖子(29)、西堀健実(29)=ともにフリー=組は3位決定戦を制した。男子は西村晃一(37)、仲矢靖央(30)=ともにWINDS=組が優勝した。


http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/sports/other/442499/

浅草ペアは、大丈夫?

浦田聖子

浦田、楠原組が決勝へ

 ビーチバレーの国内ツアー第4戦、東京オープン第2日は29日、東京のお台場海浜公園で行われ、30日の決勝は女子が今季ツアー2勝目を狙う浦田聖子(MDI)楠原千秋(フリー)組と、尾崎睦、草野歩組(湘南ベルマーレ)の対戦に決まった。

ツアー初優勝を狙った人気の浅尾美和、西堀健実組(エスワン)は敗者復活3回戦で尾崎、草野組に敗れた。

 男子の決勝は、昨年からツアー5連勝中の朝日健太郎(CHINTAI)白鳥勝浩(湘南ベルマーレ)組と、西村晃一(ウインズ)長谷川徳海(フリー)組の顔合わせとなった。


http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/sports/other/295359/




浦田聖子

浦田聖子“色仕掛け”だ!!

 “女豹”改め“七変化”で出陣よ!! 女子ビーチバレーの実力者、浦田聖子(28)=MDI=が今季着用する7色のレインボー水着(7着)が20日、発表された。昨季はヒョウ柄水着でビーチを沸かせたが、今回は「自分の気持ちを7色のカラーで表現した」文字どおりの異色ビキニ。今季初戦の愛知オープン(24日開幕、愛知・知多市)でお披露目される。浅尾もかおる姫も“色仕掛け”で打ち破る!?

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/sports/other/245126/

浅尾美和、かおる姫、浦田聖子。

今年のビーチバレーはおもしろくなりそうですね。

浦田聖子

ビーチバレーボール 浦田聖子〜ビーチバレー戦歴

 浦田 聖子(うらた さとこ、1980年12月22日 - )は、日本のプロビーチバレーボール選手である。元インドアバレーボール選手で、コートネームはラン。レオパレス・ウィンズ所属しています。
ビーチバレーボールの主な戦歴
2004年 
ジャパンサーキット 優勝
2005年 
ジャパンツアーお台場大会 優勝
ジャパンツアー宮崎大会 準優勝
ジャパンツアー大阪大会 9位ジャパンツアー愛媛大会 準優勝
ジャパンツアー福岡大会 優勝
ジャパンツアーお台場大会 3位
2007年 
2007 ジャパンツアー東京大会 優勝
ジャパンレディース大阪大会 優勝
2002年ビーチバレーボールに転向後、2003年、佐伯美香とペアを組んで急激に力をつけ、2004年のワールドツアーでは、7位に入賞しました。浦田聖子さんは、国内でも屈指のプレーヤーで、国内ツアーでは優勝争いの常連です。2006年からは鈴木洋美とペアを組み、国内外を転戦して北京オリンピック出場を目指しています。

浦田聖子

ビーチバレーボール 浦田聖子〜チーム

 プロビーチバレーボール選手の浦田聖子さんは、インドア時代はNECレッドロケッツに所属していました。現在はレオパレス・ウィンズ所属しています。

 そのウィンズは日本で初めてのプロビーチバレーボールチームです。オリンピックでの金メダル獲得という目標のもと、インドアバレーから転向した“世界のリベロ”西村晃一さんの呼びかけによって2002年春にプロビーチバレーチームを結成されました。メンバーには、全日本・Vリーグで活躍したトップ選手がずらり集結し、更にはビーチバレー大学日本一の実績を持った若手選手も所属しており、日本初のプロビーチバレーボールチームです。
さらにインドアバレーで京都の、小・中学生を主体としたクラブチーム、WINDSも持っています。現在少子化が進み、学校にバレーボール部が少なくなっている為、クラブチームを増やし、小・中学生がバレーボールを出来る環境作りに励み、ウインズ主催で大会を作り上げるなど、ジュニアの育成にも力を注いでいます。今ではこのジュニアチーム:WINDSは中学生全国大会優勝の常連となるほどの実力をつけています。

 国内では珍しく、ビーチバレーボール選手が主体となって活動するプロチームです。メンバーが自由にアイデアを持ち寄り、バレーボール教室や大会、イベント、ビーチの環境美化に取り組んだりと、明日のビーチバレーボール界を担う存在として幅広く活動しています。インドアで実績を残しながらも、バレーボール本来の楽しさを追求し、世界を目指してビーチという舞台を選んだそうです。

 

浦田聖子

ビーチバレーボール 浦田聖子〜球暦

 プロビーチバレーボール選手の浦田聖子さんは、インドア時代はNECレッドロケッツに所属していましたが、現在はレオパレス・ウィンズ所属しています。
ビーチバレーボール前の球歴です。
共栄学園中学校時代成績
1994年 全国大会出場
1995年 全国大会ベスト4
1995年 さわやか杯(強化選手選抜チーム)
共栄学園高校時代成績
1996年 インターハイベスト8
1997年 春の高校バレー出場
1997年 インターハイ出場
1998年 春の高校バレー出場
選抜チーム成績
1998年 全日本ユース
・アジア大会優勝
・ワールド大会出場
1999年 全日本ジュニア
・アジア大会3位(リベロ賞)
・ワールド大会出場
NECレッドロケッツ成績
1999年 第6回Vリーグ優勝・全日本バレーボール選手権出場
2000年 第7回Vリーグ3位・全日本バレーボール選手権出場
2001年 第8回Vリーグ2位・全日本バレーボール選手権優勝
ビーチバレーボールの力強いプレーに加え、ルックスに定評がある浦田聖子さんは、テレビ番組やラジオ、新聞、雑誌などに多数出演しています。今後の活躍に大きく期待されている選手です。

 

浦田聖子

ビーチバレーボール 浦田聖子〜活躍

 ビーチハレーボールの人気選手浦田聖子(うらた・さとこ)選手は、インドアバレーボール時代、NECレッドロケッツで2度の優勝を経験しました。

 浦田聖子選手は、2002年にビーチバレーボールへ転向し、シドニーオリンピックで4位に輝いた佐伯美香とペアを組み急激に力をつけ、2004年のワールドツアーでは、7位に入賞する快挙を成し遂げました。
 
 2005年、2006年には、ジャパンサーキットで遂に優勝を果たし、2006年の日本ランキングで1位になるなど、実力派プレーヤーに成長しました。

 2007年からは、世界でTOPを目指すために、インドア日本代表を経験した、鈴木洋美とペアーを組み、大型チームを結成しました。
また、男子と同じく、ブラジルのレオンヘッドコーチ、エッジコーチのもと、北京オリンピックに照準を合わせ、新たに活動をスタートしていました。

また、ビーチバレーボールの力強いプレーに加え、ルックスに定評があり、テレビ番組やラジオ、新聞、雑誌などに多数出演していて、今後の活躍に大きく期待されている選手です。

浦田聖子

ビーチバレーボール 浦田聖子〜プロフィール

 日本のプロビーチバレーボール選手である浦田 聖子(うらた さとこ、1980年12月22日 - )は、元インドアバレーボール選手でした。コートネームはラン。現在は、ビーチバレーボールチームのレオパレス・ウィンズに所属しています。

浦田聖子選手は、佐賀県出身 です。身長174cm、体重60kg、血液型はB型で右利き、 最高到達点:292cm です。

 中学1年生の時、父親の転勤で佐賀県から千葉県に転居し、共栄学園中へ転校します。本格的にバレーを始め、1995年全国大会ベスト4。共栄学園高校では春高バレー・インターハイに出場し、アジアユース選手権優勝を経験しました。

 1999年にNECレッドロケッツに入団し、Vリーグ優勝などに貢献しました。2002年ビーチバレーボールに転向。2003年、佐伯美香とペアを組んで急激に力をつけ、2004年のワールドツアーでは、7位に入賞しました。国内でも屈指のプレーヤーで、国内ツアーでは優勝争いの常連です。

 2006年からは鈴木洋美とペアを組み、国内外を転戦して北京オリンピック出場を目指しています。

 所属チーム履歴は、 共栄学園中→共栄学園高等学校→NECレッドロケッツ(1999-2002年)。そして、現在はビーチバレーボールチームのレオパレス・ビーチウィンズ(2002年-)に所属しています。





  


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。