画像

ビーチバレーボール 画像〜活動の物

 「スポニチ アネックス GО!アスリート」でビーチバレーボールで人気の選手浅尾美和さんの画像をたくさん見ることができます。
 毎週、話題の競技や注目アスリートを写真で振り返る「スポーツフォト特集」にも画像があります。ビーチバレーボールの浅尾美和選手がテレビ番組の公開収録に出演した時、欧州王者をあと一歩の所まで追いつきました。

 浅尾美和選手は、日本のプロビーチバレーボール選手(元インドアバレーボール選手)でありながら、ファッションモデル、グラビアアイドル、タレントといろんな活動をしています。
 そんなビーチバレーボールの妖精、浅尾美和選手が発売したカレンダー(税込み2415円)が、7000部を突破する爆発的な売れ行きを見せていることが分かりました。

 浅尾選手は、この他にも、地球温暖化防止のために募金活動もしました。植林活動へ寄付されるとあって今回、体を張っての行動に出ました。募金運動を盛り上げるため、「1000本レシーブ」の記録にチャレンジして、大勢のギャラリーの後押しを受けつつ、全てやり遂げる実行力を見せました。

画像

ビーチバレーボール 画像〜グラッツェ

 ライブドアスポーツのウェブマガジン「グラッツェ」(4月号)でビーチバレーボール選手の浦田聖子さんのインタビューや画像を見ることができます。

 ファッション性、競技性ともに話題を集めているビーチバレーボール。競技としての歴史こそ浅いですが、「ビーチ + ビーチバレーボール」という誰でも気軽に楽しめるスタイルに加え、テレビ番組などメディアでの露出も手伝って、すっかり市民権を得たスポーツへと成長してきました。

 とはいえ、見た目の華やかさとは対照的に、競技自体は過酷を極める。焼けつくような太陽の下で、砂浜という自由を奪われる足場に立たされ、ともに戦う仲間はたった1人というハードさ。それゆえにドラマが生まれ、それゆえに観客を魅了するのかもしれません。

 ビーチバレーボールの浦田選手は、共立学園(中学・高校)時代から注目を集め、全日本ユース、全日本ジュニアに選出され、VリーグでもNECレッドロケッツに所属し、常に頂点を目指してきました。2002年にビーチバレーへ転向し、ここでも目標は変わらずに頂点を目指しています。

 

画像

ビーチバレーボール 画像〜ウィンズ

 日本で初めてのプロビーチバレーボールチームは「WINDS」です。

 国内では珍しく、選手が主体となって活動するプロビーチバレーボールチームです。メンバーが自由にアイデアを持ち寄り、バレーボール教室や大会、イベント、ビーチの環境美化に取り組んだりと、明日のビーチバレーボール界を担う存在として幅広く活動しています。インドアで実績を残しながらも、バレーボール本来の楽しさを追求し、世界を目指してビーチという舞台を選びました。

 2002年に「BEACHWINDS」という名で結成されたこのチーム。オリンピック予選となる2007年からはチーム名を『WINDS』に統合し、新たな旅立ちを誓いました。そして2008年の北京・2012年のロンドンオリンピック出場へ、脈々と選手を輩出するプロビーチバレーボールチームを目指しています。

 そのウィンズのそれぞれのメンバー紹介はや、写真の画像などが
ホームページで見ることがでできます。
 画像以外にも日記や試合の情報などがわかります。メンバーは、浦田聖子、鈴木洋美選手、男子は西村晃一選手などが所属しています。

画像

ビーチバレーボール 画像〜写真

 ビーチバレーボール界をリードする株式会社ケイブロスは、スポーツ界と芸能界の橋渡し的存在となり、ビーチバレーボール、バレーボール、芸能の側面から芸能活動、及びスポーツ振興活動をしています。このホームページでビーチバレーボール畑信也さんと浅尾美和さんの「お宝写真館」として画像を見ることができます。

 所属タレントは、マルチタレント、バレー解説者でおなじみの川合俊一さん、インドアバレー、ビーチバレーでオリンピック4大会連続出場を果たした高橋有紀子さん、現在男子ビーチバレー界の次世代のエース、畑信也さん、春高バレーのヒロインで、ビーチバレー転向2年目にして将来の女子ビーチバレーを背負って立つといわれている浅尾美和さんです。

 そのほかビーチバレーに関する情報、プロビーチバレープレーヤーについての事も知ることができます。
 
 ケイブロス所属タレントとビーチバレーボールのこれからの活躍ご期待できます。ビーチバレー界をリードする株式会社ケイブロスは、スポーツ界と芸能界の橋渡し的存在となってビーチバレーボール、バレーボール、芸能の側面から芸能活動、及びスポーツ振興活動をしています。

所属タレントは、マルチタレント、バレー解説者でおなじみの川合俊一、インドアバレー、ビーチバレーでオリンピック4大会連続出場を果たした高橋有紀子、現在男子ビーチバレーボール界の次世代のエース、畑信也、春高バレーのヒロインで、ビーチバレー転向2年目にして将来の女子ビーチバレーボールを背負って立つといわれている浅尾美和。

そのほかビーチバレーボールに関する情報、プロビーチバレーボールプレーヤーについても伝えています。
 

画像

ビーチバレーボール 画像〜月刊チャージャー

 無料webマガジンの月刊チャージャー(Theme No.10)は、ビーチバレーボール選手の浅尾美和さんのインタビューと多数の画像を載せています。

 世界の舞台で戦いながら、ビーチバレーボールでの五輪出場を目指している浅尾美和さん。毎日厳しいトレーニングに打ち込みつつ、本気スポーツ系グラビアアイドルとしても大活躍です。健康的な笑顔の魅力が弾けている。五輪に向けての決意と素顔に迫るため、平塚のビーチで練習中の浅尾美和さんを直撃しています。

 インタビューでは、今の目標の北京オリンピックに出場することや、宮古島で10日間の合宿の事から始まっています。宮古島では練習風景も交えた写真撮影もあったそうです。高校を卒業してビーチバレーボールで生きていくって決めてから、プロ選手としてグラビアのお仕事もやっていくことになったそうです。それから、試合用の水着を数十着持っているとも話しています。

 今年からはアディダスがビーチバレーボールの選手たちの水着を開発してくれることになったようです。それらの直撃インタビューと、練習風景のスナップ写真集の画像がみられます。



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。