ユニフォーム

ビーチバレーボール ユニフォーム〜ウィンズ

 株式会社デサントの『デサント』ブランドはプロビーチバレーボールチームのレオパレス・ウィンズ(以下、ウィンズ)とチームウェアスポンサー契約を締結しました。

 ビーチバレーボールのウィンズが国内外のツアー、トレーニングで着用するユニフォームのほか、チームスタッフ(監督、コーチ、メディカルなど)にもウェアのサプライを行っています。

 ウィンズに提供されるゲームウェア、トレーニングスーツは、『デサント』ブランドの基本コンセプト「ファンクショナルスポーツシステム」に基づき、吸汗速乾・撥水・ストレッチ・抗菌防臭・防砂などの高機能素材をアイテムごとに異なるニーズに対応して使用、あわせて選手の動きを考慮したカッティングを駆使することでビーチバレーボールの高い運動性と快適性を実現しています。

 また、従来のビーチバレーボールの枠にとらわれることなくデザイン性にも考慮して、女性用には“豹柄”を使用、男性用にはトレンドを意識したサーフスタイルを採用するなど、斬新なデザインも特徴です。

 機能、デザインを兼ね備えたウェアにより、選手のパフォーマンスを最大限に引き出し、自信を持ったプレーにつなげることで、ビーチバレーボールチーム「ウィンズ」のさらなる活躍をサポートしているようです。

ユニフォーム

ビーチバレーボール ユニフォーム〜最近の物

 ビーチバレーボール(beach volleyball)は、バレーボールから派生した球技の1つです。
砂浜にネットを張ったコートで、2人1組のチーム同士で対戦します。

 アメリカ発祥のビーチスポーツで、1996年のアトランタオリンピックよりオリンピックの正式種目となりました。日本の選手ででは、浅尾美和、西堀健実、浦田聖子、鈴木洋美などが有名です。女子の人気が特に高いという特徴があります。

 ファイテンなどもスポンサーにつき、今後一層の注目を集めるでしょう。新舞子で行われる大会などは、全国の注目を集めています。特に、浅尾美和などは盗撮なども問題となりビーチバレーボールのユニフォームの水着画像が出回るなどの弊害もあります。

 浅尾選手は、最近では、モデルやコマーシャルもこなす人気者ですが、これがビーチバレーボール全体の人気に結びつき、五輪での活躍が出来ればいいと思います。また最近では、浦田聖子、鈴木洋美ペアが着用するユニフォームにヒョウ柄水着が登場しました。奇抜なデザインですが、耐久性、速乾性があり、世界中を転戦し「洗濯機がなくて(水着を)手洗いしなきゃいけないことが多い」(浦田)という環境にも適しているようです。

ユニフォーム

ビーチバレーボール ユニフォーム〜規定

 ビーチバレーボール(英語:beach volleyball)は、バレーボールから派生した球技の1つです。砂浜にネットを張ったコートで、2人1組のチーム同士で対戦します。アメリカ発祥のビーチスポーツで、1996年のアトランタオリンピックよりオリンピックの正式種目となりました。

 ビーチバレーボールの競技ユニフォームは、競技会が特にユニフォームを規定しない場合、ショートパンツや水着を着用します。帽子をかぶってもよい。ジャージやタンクトップは任意です。 
 しかし、チームの2人は同色で同じ形式のユニフォームを着るものとし、ジャージの胸の部分もしくは水着の前面に、それぞれはっきりとわかるように1と2の番号をつけなければなりません。
 
 靴は履かず、素足で競技します。 競技中はけがのおそれのあるものは身につけてはいけません。眼鏡は選手自身の責任において着用が認められます。

 ユニフォームは、FIVBとしてはそれぞれの競技会が規定した場合、その規定に沿うこととしています。
2004年アテネオリンピックではオリンピック競技として、男子と女子のスタイル規定をしました。

ユニフォーム

ビーチバレーボール ユニフォーム〜女子

 ビーチバレーボール競技のユニフォームは競技会が特にユニフォームを規定しない場合、ショートパンツや水着を着用します。帽子をかぶってもよいです。
 ジャージやタンクトップは任意で、チームの2人は同色で同じ形式のユニフォームを着るものとし、ジャージの胸の部分もしくは水着の前面に、それぞれはっきりとわかるように1と2の番号をつけなければなりmせん。
 
 ビーチバレーボールのユニフォームは、FIVBとしてはそれぞれの競技会が規定した場合、その規定に沿うこととしています。
 2004年アテネオリンピックではオリンピック競技として、下記のスタイル規定をしました。
 ビーチバレーボールの女性のユニフォームは、 タンクトップとブリーフのセパレート型、もしくはワンピース型(上半身、下半身一体型)のユニフォームを着用します。タンクトップは体にぴったりと密着したもので、袖ぐりは背中に深く、また胸の上部と腹部は大きくカットされたものです。

 ブリーフはぴったりとしたもので、裾は左右が上向きにカットされ、サイドは7cm以下となっています。ワンピース型もぴったりと体に密着するもので、背中と胸の上部は開いたものです。トップ、ブリーフ、ワンピース型は明るく鮮やかな色を使います。

ユニフォーム

ビーチバレーボール ユニフォーム〜男子

 ビーチバレーボールのショートパンツや水着 です。競技のユニフォームは競技会が特にユニフォームを規定しない場合、ショートパンツや水着を着用します。帽子をかぶってもよいです。
 
 また、ジャージやタンクトップは任意です。チームの2人は同色で同じ形式のユニフォームを着るものとし、ジャージの胸の部分もしくは水着の前面に、それぞれはっきりとわかるように1と2の番号をつけなければなりません。

 靴は履かず、素足で競技します。 競技中はけがのおそれのあるものは身につけてはいけません。眼鏡は選手自身の責任において着用が認められます。

 ユニフォームは、FIVBとしてはそれぞれの競技会が規定した場合、その規定に沿うこととになります。2004年アテネオリンピックではオリンピック競技として、下記のスタイル規定をしました。
 
 男性は、 タンクトップとショートパンツのセパレート型のユニフォームを着用します。タンクトップは体にぴったりと密着したものとします。
 ショートパンツはぶかぶかのものは禁で、裾は膝上15cm以上とします。タンクトップは明るく鮮やかな色とします。ショートパンツは暗い色でも可です。
 


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。