浅尾美和

浅尾天国の妹にV捧げられず/ビーチバレー

 ビーチバレー・ふくいカップJBVグランドスラム美浜大会最終日(15日、福井・美浜町水晶浜)浅尾美和(22)=エスワン=は西堀健実(27)とのペアで、佐伯美香(36)、楠原千秋(32)組に準決勝で0−2とストレート負け。3位に終わった。11月でコンビ解消の可能性があり、次戦のJBVチャンピオンズカップ(9月20、21日、東京・六本木ヒルズ)がペア最後の大会になる可能性も。ペア結成4年の集大成は、有終の美で飾りたい。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/sports/other/178658/

浅尾美和ちゃん、ガンバレ!!

女子

ビーチバレーボール 女子〜漫画

 最近のビーチバレーボール女子選手の人気の影響からか、ビーチバレーボールを題材にした漫画も登場しています。

 『ビーチスターズ』は、ビーチバレーボールを題材にした森尾正博の漫画作品です。本作品は週刊ヤングサンデー(小学館発行)2007年14号より連載されています。
 
 この物語は、七瀬イルカというバレーボールをこよなく愛する高校2年生の少女が主人公です。
 しかし17歳の誕生日に悲劇は起きます。立て続けに多くの部員が退部し、女子バレーボール部は廃部を余儀なくされます。失意のイルカは友人から声をかけられお台場へ行くことに。彼女の見た光景は、ビーチバレーボールの試合だったのです。その日からビーチバレーボールの魅力に惹かれていきます…。

 まわりの人間も、彼女をなんだかんだで暖かく上手にフォローしていて、スポーツそのものはとても熱いのに、読んでいて気持ちはあったかくなる漫画です。友情、努力、勝利。意外とその少年漫画三原則を貫いているヤングコミックです。

大会

ビーチバレーボール 大会〜日本

 ビーチバレーボールは1920年代はじめ、アメリカ、カリフォルニア州サンタモニカのビーチレジャーとして始まったのが発祥とされています。
 その後、ヨーロッパに伝えられ、1927年にはフランスのヌーディストビーチにおけるレクリエーションとして親しまれました。草創期には6人制で行なわれていましたが、1930年にはダブルスで競技した記録が残っています。
 1950年代のアメリカでは美人コンテストやテレビ番組とタイアップしたショーの一部としてビーチバレーボールがメディアの注目を集めました。

 日本では川合俊一らが先駆となり、1987年、湘南・江の島海岸で第1回ビーチバレーボールジャパンが開催されたのをきっかけに、ビーチバレーボールが広く認知されるようになりました。1989年には日本バレーボール協会が日本ビーチバレー連盟を発足させています。

 オリンピックには女子がアトランタ大会以降連続出場しており、アトランタオリンピックでは高橋有紀子・藤田幸子組が5位、シドニーオリンピックでは高橋有紀子・佐伯美香組が4位に入賞しています。

 2002年、西村晃一と浦田聖子は日本初のビーチバレーボールのプロチーム、ウィンズを設立しました。

新舞子

ビーチバレーボール 新舞子〜兵庫県

 ビーチバレーボールなどができる新舞子海水浴場(しんまいこかいすいよくじょう)は兵庫県たつの市御津町にある播磨灘に面した海水浴場です。

 新舞子は、御津町の観光地のひとつであり、地元や県内外から多くの人が利用しています。 日の出や夕焼け等の写真の撮影場所として人気があり、1年と通して多くの写真家が集まります。
 
 最近になり、御津町新舞子観光協同組合によって4月1日〜6月30日の間は入浜料金がかかるようになりました。 期間中は組合によって養殖のアサリが放流され、誰でも潮干狩りを楽しむことができる。また自然に生息しているマテ貝狩りにも人気があります。

 7月中旬には「みつ海まつり サンセットフェスティバル」が行われ、さまざまなイベントが行われます。
浜周辺でのバーベキューは禁止となっているので注意が必要です。

 新舞子海水浴場へのアクセス方法は、JR を使用する場合は網干駅からタクシーで約20分、 私鉄は山陽網干駅からタクシーで約10分、 車を使う場合は、 駐車料金:1日500円 、駐車台数:1,000台です。 姫路バイパス中地インターから国道250号線で30分。 山陽自動車道龍野インターから20分。
中国自動車道福崎インターから1時間ほどです。

浅尾美和

ビーチバレーボール 〜浅尾美和〜水着

 プロビーチバレーボール選手の浅尾美和さんは、1986年2月2日生まれで、三重県出身です。

 県立津商業高等学校時代、2度の春高出場し、全国高校総体ではベスト16になりました。高校卒業後はビーチバレーボールに転向し、同時にタレント業も開始しました。主なTV出演は、フジTV「ジャンクSPORTS」、日本テレビ「ひらめ筋ゴールド」などです。

 浅尾美和さんは、輝く瞳が印象的で、美しさや愛くるしい笑顔から
ビーチバレー界の妖精と呼ばれています。本人によると、練習はほとんど毎日、2〜3時間はビーチでボールを追って、雨の日や、ビーチで練習しない日は、ジムでしっかりトレーニングしているそうです。今の目標は、北京オリンピックに出場することのようです。

 「ビーチバレーボールの試合は水着なので、やっぱりビキニを着ると気持ちが入るんですよ。普通の女のコだとグラビアで水着になるのはセクシーショット狙いなんでしょうけど、私の場合、ビキニは本気の戦闘モードなんですよね」・・・と本人は語っています。
 また、「暖かくなればビーチバレーボールの練習の時もビキニの水着でやります。半袖のTシャツ着て練習すると、かっこ悪い日焼けになるので。かっこよく日焼けするのも、選手にとっては大事なことなんです。」とも言っています。

浅尾美和

浅尾美和 パリコレでドレス姿!「

 プロビーチバレーの浅尾美和選手(22)が27日(日本時間28日)、フランス・パリにある「フォーシーズンズ・ジョルジュサンクホテル」で開かれた桂由美さんの春夏パリ・オートクチュールコレクション(パリコレ)で、モデルデビューを果たした。

 ショーは、招待客が殺到し1時間遅れでスタート。浅尾さんは「素晴らしいもの(ドレス)の裏には、たくさんの人の努力や思いがつまっているということを再認識しました。ビーチバレーだけをしていたら経験できなかった、とても貴重な体験ができました」と大役を終えた喜びを語り、「たくさんの人の前で堂々と歩くことができて度胸もついたと思うので、この経験をビーチバレーにいかしたいと思います」と前向きなコメントを寄せた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090129-00000000-maiall-ent

次は、オリンピックの舞台で活躍してください。

応援しています。

浦田聖子

ビーチバレーボール 浦田聖子〜ビーチバレー戦歴

 浦田 聖子(うらた さとこ、1980年12月22日 - )は、日本のプロビーチバレーボール選手である。元インドアバレーボール選手で、コートネームはラン。レオパレス・ウィンズ所属しています。
ビーチバレーボールの主な戦歴
2004年 
ジャパンサーキット 優勝
2005年 
ジャパンツアーお台場大会 優勝
ジャパンツアー宮崎大会 準優勝
ジャパンツアー大阪大会 9位ジャパンツアー愛媛大会 準優勝
ジャパンツアー福岡大会 優勝
ジャパンツアーお台場大会 3位
2007年 
2007 ジャパンツアー東京大会 優勝
ジャパンレディース大阪大会 優勝
2002年ビーチバレーボールに転向後、2003年、佐伯美香とペアを組んで急激に力をつけ、2004年のワールドツアーでは、7位に入賞しました。浦田聖子さんは、国内でも屈指のプレーヤーで、国内ツアーでは優勝争いの常連です。2006年からは鈴木洋美とペアを組み、国内外を転戦して北京オリンピック出場を目指しています。

浅尾美和

浅尾美和、カナヅチ告白

 ビーチバレーでロンドン五輪を目指す“砂上のアイドル”浅尾美和(エスワン)が12日、東京都渋谷区でモデルのSHIHOとトークショーを開き、カナヅチであることを告白した。昨年12月から肉体改造の一環として水泳を練習に取り入れたが、まだビート板を使用しないと泳げない状態で、この日は25メートルプールを10往復したという。「今年中にかっこよく泳げるようになりたい」と目標を口にした。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/211958/

また、すてきな水着姿を見せてほしいな・

ユニフォーム

ビーチバレーボール ユニフォーム〜ウィンズ

 株式会社デサントの『デサント』ブランドはプロビーチバレーボールチームのレオパレス・ウィンズ(以下、ウィンズ)とチームウェアスポンサー契約を締結しました。

 ビーチバレーボールのウィンズが国内外のツアー、トレーニングで着用するユニフォームのほか、チームスタッフ(監督、コーチ、メディカルなど)にもウェアのサプライを行っています。

 ウィンズに提供されるゲームウェア、トレーニングスーツは、『デサント』ブランドの基本コンセプト「ファンクショナルスポーツシステム」に基づき、吸汗速乾・撥水・ストレッチ・抗菌防臭・防砂などの高機能素材をアイテムごとに異なるニーズに対応して使用、あわせて選手の動きを考慮したカッティングを駆使することでビーチバレーボールの高い運動性と快適性を実現しています。

 また、従来のビーチバレーボールの枠にとらわれることなくデザイン性にも考慮して、女性用には“豹柄”を使用、男性用にはトレンドを意識したサーフスタイルを採用するなど、斬新なデザインも特徴です。

 機能、デザインを兼ね備えたウェアにより、選手のパフォーマンスを最大限に引き出し、自信を持ったプレーにつなげることで、ビーチバレーボールチーム「ウィンズ」のさらなる活躍をサポートしているようです。

ルール

ビーチバレーボール ルール〜その他

 ビーチバレーボールのその他のルール

ビーチバレーボールの試合中の負傷は、 試合を中断します。負傷した選手は、原則として治療や回復のために5分間与えられます。試合続行が困難であると判断された場合、審判より負傷した選手のチームに対して不完全なチーム措宣言され、その時点で試合終了となります。
 得点は、不完全なチームにはそれまでに獲得したポイントが生かされ、相手チームには、勝者となる為に必要なポイント(1・2セット目は21点、3セット目は15点)、及びセットが与えられます。
 
 ビーチバレーボールは、審判への質疑 タイムアウトをとる場合、ユニフォームなど着替える場合、サービスする順番を確認する場合、何かコート内外など設備に関してチェックしたい場合、その他何か不明な点があった場合など、選手は審判に声をかけることが出来ます。
 ただし、試合中のプレーに対する審判のジャッジに関する質疑は、主張が強すぎたり、試合の中断になるとみなされると相手チームにポイントが加算される場合もあります。
 ビーチバレーボールは、コイントス ウォーム・アップをする前に審判、両チームのキャプテンが立会いトスを行います。コートまたはサービス権を選択します。各セット、スタート前にトスを行います。
 ウォーム・アップ は、試合開始前、試合を行うコートで公式練習として両チームに3分間与えられます。

<<前の10件  1 2 3 4 5..  次の10件>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。