ボール

ビーチバレーボール ボール〜日本では

 ビーチバレーボールも、ニュースポーツの1種で、若い人を中心に人気が出てきています。海岸の砂の上で行われるという珍しい競技で1930年代にアメリカの西海岸サンタモニカで誕生しました。ブラジルでも人気はすごく、ファミリーマッチが盛んに行われています。
 
 わが国では、日本バレーボール協会が、日本ビーチ・ソフトバレー連盟をつくり、統一ルールのもとに普及に努めています。1996年のアトランタオリンピックの正式種目にもなりました。
 用具は、ボールとネット。正式な競技では国際バレーボール連盟の公認球を使用、バレーボール用のネットを立てます。服装は、ショートパンツか水着に、シャツを着用、はだしで競技します。帽子は被ってもよいことになっています。 
 コートは18×9メートル、貝殻や小石などの混じっていないきれいな砂で、凹凸のない水平な場所を選びます。ラインは、ロープか帯状のラインテープで引きます。競技は、屋外で行うのに適した気温のときを選ぶことになっています。 
 
 ビーチバレーボールは、2人対2人で試合しますが、ルールは通常のバレーボールとほとんど同じです。サーバーのサービスで試合が始まります。相手のコートに打ち返すまでに、3回を超えてボールに触れることはできません。また、同じ競技者がブロックを除いて、2回ボールに触れることもできません。
 ボールがコートに落ちるか、アウトになるか、正しく返球出来なくなるまでラリーは続けられます。
 
 このビーチバレーボールは、3人対3人、4人対4人で、ビーチボールやソフトバレーボール用のホールを使い、サービス方式などを工夫すれば、子供から中高齢者まで誰もが楽しめる競技にもなります。

選手

ビーチバレーボール 選手〜試合

 ビーチバレーボールの醍醐味は、何といっても全身全霊をかけて1つのボールを攻防し合うことです。

広いコートをたった2人の選手で守りきるわけですから、砂浜の上では、必死に体を張ってプレーをします。

選手の表情や選手の位置、相手との駆け引きなども見所のひとつで、ゲームの流れの中でじっくりと観察したいものです。

また、風や日光などの自然条件も視野に入れながらプレーをしています。

そのあたりもビーチバレーボールの興味深いところです。

もちろんレシーブ・アタックなど、選手個人の技術の差が勝敗を左右しますが、やはり2人がいかに上手く連携プレーを行うか、そしてチームワークが最大のカギになります。

声を掛け合ったり、目と目で会話をする、背面で指を使ってサインを送るなど、2人のコミュニケーションも見逃せません。

そして白い砂のコート、青い海、青い空、素晴らしい自然の景観の中で行うことも、ビーチバレーボールの魅力のひとつです。

画像

ビーチバレーボール 画像〜活動の物

 「スポニチ アネックス GО!アスリート」でビーチバレーボールで人気の選手浅尾美和さんの画像をたくさん見ることができます。
 毎週、話題の競技や注目アスリートを写真で振り返る「スポーツフォト特集」にも画像があります。ビーチバレーボールの浅尾美和選手がテレビ番組の公開収録に出演した時、欧州王者をあと一歩の所まで追いつきました。

 浅尾美和選手は、日本のプロビーチバレーボール選手(元インドアバレーボール選手)でありながら、ファッションモデル、グラビアアイドル、タレントといろんな活動をしています。
 そんなビーチバレーボールの妖精、浅尾美和選手が発売したカレンダー(税込み2415円)が、7000部を突破する爆発的な売れ行きを見せていることが分かりました。

 浅尾選手は、この他にも、地球温暖化防止のために募金活動もしました。植林活動へ寄付されるとあって今回、体を張っての行動に出ました。募金運動を盛り上げるため、「1000本レシーブ」の記録にチャレンジして、大勢のギャラリーの後押しを受けつつ、全てやり遂げる実行力を見せました。

ユニフォーム

ビーチバレーボール ユニフォーム〜最近の物

 ビーチバレーボール(beach volleyball)は、バレーボールから派生した球技の1つです。
砂浜にネットを張ったコートで、2人1組のチーム同士で対戦します。

 アメリカ発祥のビーチスポーツで、1996年のアトランタオリンピックよりオリンピックの正式種目となりました。日本の選手ででは、浅尾美和、西堀健実、浦田聖子、鈴木洋美などが有名です。女子の人気が特に高いという特徴があります。

 ファイテンなどもスポンサーにつき、今後一層の注目を集めるでしょう。新舞子で行われる大会などは、全国の注目を集めています。特に、浅尾美和などは盗撮なども問題となりビーチバレーボールのユニフォームの水着画像が出回るなどの弊害もあります。

 浅尾選手は、最近では、モデルやコマーシャルもこなす人気者ですが、これがビーチバレーボール全体の人気に結びつき、五輪での活躍が出来ればいいと思います。また最近では、浦田聖子、鈴木洋美ペアが着用するユニフォームにヒョウ柄水着が登場しました。奇抜なデザインですが、耐久性、速乾性があり、世界中を転戦し「洗濯機がなくて(水着を)手洗いしなきゃいけないことが多い」(浦田)という環境にも適しているようです。

ユニフォーム

ビーチバレーボール ユニフォーム〜規定

 ビーチバレーボール(英語:beach volleyball)は、バレーボールから派生した球技の1つです。砂浜にネットを張ったコートで、2人1組のチーム同士で対戦します。アメリカ発祥のビーチスポーツで、1996年のアトランタオリンピックよりオリンピックの正式種目となりました。

 ビーチバレーボールの競技ユニフォームは、競技会が特にユニフォームを規定しない場合、ショートパンツや水着を着用します。帽子をかぶってもよい。ジャージやタンクトップは任意です。 
 しかし、チームの2人は同色で同じ形式のユニフォームを着るものとし、ジャージの胸の部分もしくは水着の前面に、それぞれはっきりとわかるように1と2の番号をつけなければなりません。
 
 靴は履かず、素足で競技します。 競技中はけがのおそれのあるものは身につけてはいけません。眼鏡は選手自身の責任において着用が認められます。

 ユニフォームは、FIVBとしてはそれぞれの競技会が規定した場合、その規定に沿うこととしています。
2004年アテネオリンピックではオリンピック競技として、男子と女子のスタイル規定をしました。

ユニフォーム

ビーチバレーボール ユニフォーム〜女子

 ビーチバレーボール競技のユニフォームは競技会が特にユニフォームを規定しない場合、ショートパンツや水着を着用します。帽子をかぶってもよいです。
 ジャージやタンクトップは任意で、チームの2人は同色で同じ形式のユニフォームを着るものとし、ジャージの胸の部分もしくは水着の前面に、それぞれはっきりとわかるように1と2の番号をつけなければなりmせん。
 
 ビーチバレーボールのユニフォームは、FIVBとしてはそれぞれの競技会が規定した場合、その規定に沿うこととしています。
 2004年アテネオリンピックではオリンピック競技として、下記のスタイル規定をしました。
 ビーチバレーボールの女性のユニフォームは、 タンクトップとブリーフのセパレート型、もしくはワンピース型(上半身、下半身一体型)のユニフォームを着用します。タンクトップは体にぴったりと密着したもので、袖ぐりは背中に深く、また胸の上部と腹部は大きくカットされたものです。

 ブリーフはぴったりとしたもので、裾は左右が上向きにカットされ、サイドは7cm以下となっています。ワンピース型もぴったりと体に密着するもので、背中と胸の上部は開いたものです。トップ、ブリーフ、ワンピース型は明るく鮮やかな色を使います。

ルール

ビーチバレーボール ルール〜プレイスタイル

 ビーチバレーボールルールを基本にしたプレイスタイル

 ビーチバレーボールではポジション は、インドアとは違いコート内でのポジションは自由です。フォーメーションもありません。ただし、サービスが打たれるときにはコート内にいなければなりません。
 サービス トスは1回のみです。サーバーのチームメイトはレシーブをする選手の視界を妨げてはなりません。また、相手チームからの要求があれば、サーバーやボールがはっきり見えるように移動させられる場合もあります。サービスの順番を間違えた場合、反則となり相手チームに得点が入る。各チーム審判に順番を確認する事ができる。サーブ権が相手チームに移るまで同じプレイヤーが打ち続けます。

 レシーブ&パスは ビーチバレーボールでは、多少のホールディングは反則となりません。たとえば手のひらを上にしてすくうようなレシーブでも比較的問題にされない場合が多いです。ただし、明らかにボールが停止するようなプレーは反則となります。
 一方、サーブレシーブに関しては、ビーチバレーボールではオーバーハンドパスを反則ではありませんが比較的厳密にジャッジされる傾向があるようです。指先がばらつくとダブルコンタクトを取られます。強打のスパイクをオーバーハンドパスで受けることは反則ではありません。また、オーバーハンドパスで相手コートへボールを返す場合、両肩に対して直角方向でなければなりません。ただし、風で流れされた場合、その限りではありません。

ルール

ビーチバレーボール ルール〜進行

 ビーチバレーボールのゲーム進行上のルール

 ビーチバレーボールでは、ラリーポイント制つまりサーブ件の有無にかかわらず得点される方式を採用しています。
 3セットマッチで先に2セット先取した方の勝ちとなります。相手コートへの返球回数は最大3回です。ブロックタッチも1回とカウントされます。ただし、ネット上で対戦相手と同時に触れた場合カウントされません。
 ビーチバレーボールのボールは、体のどの部分に触れてもかまいません。エンドラインやサイドライン上のボールについては、ボールのほとんどが超えていたとしても、ボールの一部がラインに触れていればインボールとみなされます。
 ポイントは 1,2セットは21点制で、3セット目は15点先取となります。タイブレイクの場合、2点差がついた時点で終了です。
コートチェンジ は両チームの得点合計が1,2セットの場合7の倍数、3セット目の場合5の倍数になったときに行います。

 ビーチバレーボールでのテクニカルタイムアウトは、 2セットのみ両チームの得点合計が21点になったとき採用されます。1回30秒です。
 タイムアウトは 各チーム、プレーが途切れたときにリクエストする事ができます。1回30秒です。
各セットのインターバルは1分です。

大会

ビーチバレーボール 大会〜世界

 ビーチバレーボール(英語:beach volleyball)は、バレーボールから派生した球技の1つです。砂浜にネットを張ったコートで、2人1組のチーム同士で対戦します。
 アメリカ発祥のビーチスポーツで、1996年のアトランタオリンピックよりオリンピックの正式大会種目となりました。

 1992年のバルセロナオリンピック開催期間中には、スペインのアルメリアで5大陸から100人以上の選手が参加し、公開競技が行なわれました。
 これらの盛り上がりを受けて、ビーチバレーボールは、1996年のアトランタオリンピックでは夏季オリンピックの正式種目となりました。

 アメリカ、ブラジル、オーストラリアの3か国がビーチバレーボールの強豪国として知られています。著名なビーチバレーボール選手には室内のバレーボールから転向したプレーヤーが多いです。
 アメリカのカーチ・キライ、シンジン・スミス、ランディ・ストクロスらの活躍はアメリカ国内のみならず国際的なビーチバレーボール人気を高める原動力となりました。
 ブラジルからもエマヌエル・レゴやリカルド・サントスらのスター選手が登場しました。女子選手ではミスティ・メイやケリー・ウォルシュらがおもな選手として挙げられます。

大会

ビーチバレーボール 大会〜世界大会

 ビーチバレーボール(英語:beach volleyball)は、バレーボールから派生した球技の1つです。砂浜にネットを張ったコートで、2人1組のチーム同士で対戦します。
 アメリカ発祥のビーチスポーツで、1996年のアトランタオリンピックよりオリンピックの大会より正式種目となりました。

 1960年、ビーチバレーボールの大会は、カリフォルニア州で第1回マンハッタン・ビーチ・オープンが開催されました。この時期にフランスでもプロ・トーナメントが開催されています。
 
 ビーチバレーボールの競技団体の整備は1980年代に進み、1983年にはアメリカでプロ選手らが自ら運営する団体、AVP(Association of Volleyball Professionals)が発足しました。
 
 1987年、国際バレーボール連盟(FIVB)公認の初の国際トーナメント大会がブラジル、リオデジャネイロのイパネマ・ビーチで開催され、これがビーチバレーボール第1回の世界選手権大会とされています。
 さらにFIVBは1990年、世界各地を転戦する国際サーキットを開始しています。

<<前の10件  .. 2 3 4 5 6..  次の10件>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。